8月32日、水曜日。

 

失われた夏休み。

 

何かを取り戻すために今日を生きる。

 

 

自分の精神状態を示す軸が3本あると分かった。

 

ポジティブかネガティブか。

外向きか内向きか。

攻撃的か防御的か。

 

 

今までのところ攻撃性はいつも自分を向いているが、

 

いつかその攻撃性が他人を向いたときが怖い。

 

 

 

友人知人が取材されて

 

「普段は温厚な性格で、こんなことする人とは思わなかった」

 

って言うのだろうか。

 

 

 

 

 

行き止まりと分かっている道を往く。

 

最奥にたどり着いたとき、自分はどうするのか。

 

 

 

 

なんでもいいけど、お寿司が食べたい。

自分だったらどう感じる?

 

「あなただったらこれをされてどう思うの?」とか

「あなたが人からこれをされてどう感じるの?」とか

 

「あなたもこれだったらいやでしょう?」とか

「あなたもこれを見たらこう思うでしょう?」とか

 

 

いや、僕はそうは思わないですけど。

てなる

 

 

もちろん、他人、世間一般、大多数のひとがこう思うことが多いとか、

そこから自分がずれてるとかは理解してたほうがいいし、

ある程度は理解しているつもりだし、

それはそれでいいんだけど、

 

 

「自分だったらどう感じる?嫌だと思うでしょう?みんなもそうだよ。」

 

 

的なニュアンスは嫌い。

 

これは自分が言われたときの話。

 

 

 

 

まわりのひとが、他の人に言ってるのをみたときには、

 

いや、自分がされてもどうも思ってないからしてるんだと思いますよ

 

って横やり入れたくなる。

 

そして案の定、

 

『いや、別に自分はどうとも思いませんけど。』

 

って平然と言いのける。

 

 

 

 

 

なので、俺は言わないようにしてる。

 

 

「世間の多くのひとは、それされたらこう感じると思わない?」とか

「俺がそれされたら、嫌な気持ちになるなあ」とか

 

相手に価値観を押し付けたらあかんと思います。

 

 

 

 

 

 

あなたは他人から価値観押し付けられたらどう感じるかしら?笑

マンダロリアンについて語る

 

先日、機種変更時にディズニープラス加入1年無料と言われたので、ずっと気になっていたマンダロリアンを見るために加入し、ついにシーズン2までの全話視聴を終えた。

 

結論から言うと、とても良かった。続きも楽しみである。

 

 

ルーカスフィルムがディズニー傘下になってからのスターウォーズ作品としては最高レベルのものであるとおもう。

ちなみに私は、旧三部作、新三部作、続三部作と、クローンウォーズ全シリーズ、ローグワン、ハンソロを視聴済である。

 

以下、ネタバレを含む可能性があるため、未視聴の方は注意されたし。

ちなみに、マンダロリアンを視聴されるなら、本編映画9作品とクローンウォーズを視聴しておくと、存分に楽しめると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンダロリアンの時代設定は、エピソード6より後、帝国崩壊後の世界である。

新三部作のような、銀河共和国のきらびやかな世界というよりも、

旧三部作のような、銀河帝国の圧政下の荒廃した世界からの地続きである。

アウターリムテリトリーを中心にストーリーは進み、みんな大好きタトゥイーンも出てくる。

 

当然、ジェダイオーダーは崩壊しており、ルーク・スカイウォーカーがオーダー再建に尽力しているところであるか。

そもそもマンダロリアンというのが何なのかというと、惑星マンダロアに由来する戦闘民族であり、かっこいい装甲服と、ブラスターピストルはじめ様々な武装で戦う戦士である。

ジェダイがおらず、マンダロリアンがメインの作品ということで、ライトセーバーをぶんぶん振り回す戦闘はほとんどない。

 

私のイメージを言うと、マンダロリアンという作品は、

 

スターウォーズの世界観で展開される西部劇』

 

といったところだろうか。

 

 

 

 

ここからマンダロリアンを見て私が思った、いいところを語りたい。

 

 

①新旧三部作の設定に(わりと)忠実

 

続三部作の悪口から始まるのは申し訳ないと思う。

続三部作および反乱者たちでは、特に宇宙人の設定・デザインが、良くも悪くも、いかにもディズニーといった感じの可愛らしさを含んでおり、それがスターウォーズの世界観にそぐわなかったと思う。

 

マンダロリアンに出てくる宇宙人種族の多くは、新旧三部作やクローンウォーズでも出ている、由緒正しい(?)種族である。彼らの出演が、この作品をよりスターウォーズたらしめている。

ドロイドにおいても然り。過去作で出演したドロイドの同型が多数出演している。

 

シーズン2では、過去作品出演人物も多数出演している。

特にクローンウォーズで活躍した人物たちが、帝国時代は息をひそめ、帝国崩壊後に再び活動を始めた、という雰囲気が私は好きである。

彼らの掛け合いも、語られないスターウォーズの世界観を広げている。

 

 

 

スターウォーズの世界観で展開される西部劇のような物語

 

映画作品での目玉のひとつは、ライトセーバー戦であるが、マンダロリアンでの戦闘は主にブラスターでの撃ち合いである。

ジェダイなら、敵のブラスターの弾をライトセーバーで撃ち返して制圧するだろうが、マンダロリアンは純粋な銃撃戦である。

多数の敵を確実に一人ずつ撃ちぬいていく場面も、1対1での早撃ちの場面も、どちらもかっこいい。

ただ、マンダロリアンアーマーの防御力はいささかチートではないかと思う部分もある。

 

 

実を言うと、マンダロリアンにおいても、ライトセーバー戦も見どころではあるのだが。。。

 

 

③主人公のお人よしさ

 

マンダロリアン、そして賞金稼ぎとして生きる主人公が、賞金首であるザ・チャイルドを見過ごすことが出来ず救うことから物語がはじまり、その後の旅でも、各地での頼まれごとを、何かにつけて言いくるめられ請け負ってしまうところが愛らしい。

戦闘民族マンダロリアンと主人公の性格でバランスを取っているともいえる。

 

 

 

④残された謎

 

次のシーズンに向けての考察が捗る。

 

シーズン2最終話においては、一応のハッピーエンドを迎えたともいえる。

主人公は当初の目標を果たしたわけであるが、ザ・チャイルドのその後、主人公のその後、どちらも次のシーズンが楽しみである。

 

タイトル『マンダロリアン』が重要な意味を持っているかもしれない。

 

 

(追記)

⑤音楽がよい

 

スターウォーズのテーマや、帝国のマーチのような、スターウォーズの曲には華々しさと力強さみたいなものがあるが、マンダロリアンのテーマは、いい意味でスターウォーズらしさがなく、荒野で生きるマンダロリアンのイメージにぴったりである。

 

 

極力ネタバレも避けつつ書いたつもりである。

もっと語りたいこともあるし、スターウォーズ全体としても語りたいことは多い。

また、反乱者たちやバッドバッヂも見てないのでどんどん見ていきたい。